プロフィール

お名前:はんぺん!
性別:男性
血液型:A型
出身地:東京都

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ
野外活動大好き(@_@)y
キャンプ大好き
MinPinとキャンプ♪
RHパパ、の~んびりいこうよ♫ まっ、いいか!
まさまさファミリー出撃!
さて、行くかぁ
★ ★ ★ ★焚き火大好き ★ ★ ★ ★
The enjoyment of the outdoors !
とりあえずやってみよう!
へたれキャンプッ
M&M'sのフィールドで会いましょう♪
Canola&Sun Smile Camp
でぇ~くOhnumanの魔王なる日々
ゆう・しゅんwithラブのアウトドア
いち、にの、さん、ハイ!「いっち~」
なーちゃんの家 フィールド日記
~ Coleman and VICTORINOX ~
♪ゆったり・まったり・のーんびり♪
キャンプだけでなく
kuumamaの”キャンプだワン!”
145の親父日誌 in Coleman Cafe’
mori_mori 盛り盛り
PATEPEN
ツキノワグマのsachet 
★ SAMの”おサム~い”cafeテラス ★
こんにちは・・・jacaranda(ハカランダ)です。
RodMagic ヨタログ(Revival)
.
GO OUT !!
やってます~
阿蘇大爆発!! 熊さんのお散歩日記。
HEARTBREAK RIDGE
わたけん 野外学習ちょう
田町飛行場から発進!
ikuとlackuckconanの毎日
~CAMPING TIME~ 楽しいキャンプ時間
レンズマンの水陸両用ダイビング
お帰りなさい お風呂? ご飯? それともキャンプ!!
よっちゃんの・・・「忘れた頃に出てきます!」
# 11 MANTLES 
管理人の部屋
  ◆◇◆ Solus's Souls ◆◇◆   
木の家に気ままに暮らす
茶釜家へようこそ♪
more CampTALK
ヒ ロ 蔵 の のんびりSidewalk Café
vmaxのUFO乗り場でございます
C~ちんの喜怒哀楽
松戸・・・・命 実行半
てっちゃんの明日なき暴走
金属加工屋の独り言
ISAOの気分屋的アウトドアの部屋
この週、予定ないよね? byまるお

<<  2010年11月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

カウンタ
今日 : 108
昨日 : 487
合計 : 6,170,034



#252&#252A

またまたまた・・・ミリタリーランタンネタです(^^;
今回はチョッとディープかな?
 
 
第二次世界大戦中、アメリカ陸軍はどんな種類の燃料でも使えるランタンを作るため、Coleman 、AGM (American Gas And Machine Co)、ALADDIN と共同開発し、Coleman 製の#220B をベースとして #252 と呼ばれるミリタリーランタンを製造したのです。
 
前回のレストア日記のランタンがその #252 ランタンです。
 
1943年から1945年まで製造されました。
 
1946年からは型番が #252A に変わります。
 
一般的にミリタリーランタン(GIランタン)というとオリーブドラブ色の #252A が有名ですね。
 
 
 
#252 は球数も少なくコンディションの悪い固体が多いので、結構見つけにくいランタンなのです。
実用機レベルですが、念願かなって入手する事が出来ました。(^^
 
 
 
 
 
 
 
 
左が1944年製 #252 中央は1969年製 #252A 右は1965年製の #252A です。
 
共同開発したメーカーの他、数社が生産していますが上の3台は全てコールマンの物です。
 
#252 と #252A の明らかな違いは塗色です。
 
#252 は#220系のフォレストグリーン、#252A はオリーブドラブで塗装されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
バーナーのマントルホルダー部分の形も違います。
 
両方ともメッシュは入っていません。
 
バーナーフレームの下部の形状も違います。
 
#252A の前期型(と、勝手に呼んでます)は #252 と同じ形状のバーナーフレームです。
 
メンテナンスの際の分解は新型のフレームの方が断然楽です。
 
 
 
 
 
 
 
 
これは #252A の後期型(と、勝手に呼んでます)についているクワドラント・グローブです。
 
quadrant とは四分円という意味で、読んで字の如く、円柱形のグローブが4分割されています。
 
フレームに取り付けられた4本のレールにグローブをはめ込みます。
 
コレに関しては、またまた改めて日記ででも(^^;
 
 
 
 
 
 
 
更なるミリタリーランタンの特徴は、燃料タンクにコンパートメントを内臓している事です。
 
予備パーツ、マントル、ポンプカップ、グラファイトパッキン、等が収められています。
 
写真のように油紙に包まれています。
 
 
キャンプに出掛ける時には何も入れてませんが・・・(^^;
 
 
 
 
 
 
 
 
マニュアル等。
 
 
点火手順やメンテナンスの方法はタンクの黄色いデカールに記載されています。
 
燃料キャップはチェーンでカラーと繋がれていて紛失を防ぎます。
 
更にカラーには漏斗まで繋がれているという、至れり尽くせりぶり。
 
 
 
なが~くなってしまいましたが、ミリヲタには“たまらない”ランタンなのです(^^;
投稿日時:2010/11/12 01:13:18 投稿者:【はんぺん!】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(8)  トラックバック(0)
<<前の記事へ次の記事へ>>

コメント一覧
Wood peckerさん こんばんは!

同年代ですかぁ~(^^

このランタンは製造された年しか刻印が無いのでバースイヤーランタンですね!
探してみては如何でしょうか?(^^

私もまだまだ、知らないランタンやストーブが一杯!
凄いメーカーです(^^

投稿者:はんぺん! URL  投稿日:2010/11/13 00:56:57

うわ~ こんなランタンがあるなんて

コールマンランタンの歴史を感じます

#252Aが自分と同じ年代です

勉強になります (^-^)

投稿者:Wood pecker URL  投稿日:2010/11/12 21:23:57

ニャンさん こんばんは!


アウトドアはミリヲタに始まりミリヲタに終わる!・・そんな格言が有りませんでしたっけ?(爆)

古いランタン・・・
周りのマニアな友人たちの話を聞いていると、このランタンなんぞはまだまだ若いかも?(^^;

あまり深入りしない事をお勧め致します!

投稿者:はんぺん! URL  投稿日:2010/11/12 18:53:15

Solusさん こんばんは!

Solusさんのミリタリーは73年でしたかぁ~

はたして何年位まで生産されていたのでしょう?
80年代はSMPばかりです。

1952年や1960年代半ばから1970年台の頭にかけて大量に作られたみたいですね・・・・


何故、こんな仕様になったのでしょう?
更に勉強を進めてみたいと思います。

投稿者:はんぺん! URL  投稿日:2010/11/12 18:47:56

Mashiさん こんばんは!

よだれ出ちゃいますか?(^^

爆音をたてて燃焼する姿を見たら、よだれ止まりませんよ~(爆)

投稿者:はんぺん! URL  投稿日:2010/11/12 18:41:23

コンニチニャン

ミリヲタではありませんが、惹かれますね~

ギリギリの復活作業なんかも!

何か凄く古いランタンがほしくなってきました~

まずはオークションサイト探しからです。

投稿者:ニャン太郎 URL  投稿日:2010/11/12 13:47:24




 こんにちは。


狸小路のミリタリーショップで買った放出品(1973/Coleman)を1台持ってます。


点火はしてません。


それにしても、何故あんな形のジェネレーターに行き着いたのでしょうか???


アルミのメリットってあるのでしょうかね?


強度不足のようなイメージですが・・・


 

投稿者:Solus URL  投稿日:2010/11/12 08:27:21

おはようございます。

未経験の分野です。
じゅるw(よだれが.....)

投稿者:Mashi URL  投稿日:2010/11/12 06:39:37

トラックバック一覧
この記事のトラックバックURL:

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください