プロフィール

お名前:Gontaro
自己紹介:
私の本設ブログではキャンプを中心に、ここではランタンがメインとなると思います。
宜しくお願いします!

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2018年9月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

カウンタ
今日 : 124
昨日 : 117
合計 : 668,336



◆ロードトリップグリル レポート(その7)~使用後のメンテナンス~

さてお正月キャンプの早朝。
極寒の季節ですので、キャンプ場の全ての水道が凍り付いてしまいました。調理場に温水設備が整った高規格なキャンプ場も有りますが、今回は水洗便所も流れないほどの氷点下になったようです。やっと通常通りに水道を使えたのが温かな日差しが出たお昼頃です。
 
このような場合は皆さんどうされていますか?
こんな事が予想される場合は、極力汚れ物を作らず、お箸やスプーン類、食器類を空拭き程度で何度も使用します。さらに凍結しておらず水道が出る場合もこの時期の水洗いは辛いですよね~。
 
私の場合は使用した食器類・調理器具全てを家に 持ち帰って洗う事にしています。食器類持ち帰り用の専用バケツやバッグを持って言ってます。ジャグやクーラーボックスの中に汚れた物を入れて持って帰る場合も有ります。家でゆっくりとお湯を使って綺麗に洗うのが本当に楽です。キャンプ場から遅く帰宅して疲れている場合は、真冬なので翌日になっても問題無いです。
 
 
 
 
この大型グリルを洗うのも例外では有りません。オーブン料理でお肉やその他食材の油汚れが付着したのをキャンプ場の冷たい水では洗いたくは無いので、下部の「汁受け皿」に溜めた水だけを捨てて、汚れた状態のままで家に持ち帰りました。
 
やはり調理器具の1番の魅力は、清掃・メンテナンスがし易い事が言えると思います。
このグリルは琺瑯天蓋・グレート・汁受け皿が全て分解出来る事で丸洗いが可能です。
 
 
 
 
天蓋に関してはスチールメッキの部分も多い事から完全乾燥は必要ですが、私は丸洗いしました。グレート・汁受け皿等は、柔らかいタイプの金タワシで擦れば琺瑯製品の特性で直ぐに焦げや、油分を綺麗にする事が出来ます。あと汁受け皿下部の本体部分はクロムメッキ処理されていますので、これもまた油汚れ等も拭きやすくメンテナンスがし易いです。全て乾燥させて組み付ければ、次回も綺麗に使用出来ます。
 
 
 
 
でも理想としては、食器・調理器具類に限らず、全てのキャンプ用品を現地キャンプ場で清掃・乾燥・収納出来れば最高です。家に帰って車から荷物を降ろすだけで、次回のキャンプまでさわる事は有りません。しかしこんな事はまず出来無いですよね~。テーブル・イス類ならば可能でしょうが、クーラーボックスには残り食材、ジャグは濡れたまま、テントも直ぐに撤収して底面が乾かず、グランドシートやマット、シュラフも何か湿っぽい。
 
さらに「撤収時の最強雨男」の私はもう最悪です・・・・・・。
ああっ~!使った後の清掃・乾燥・収納を誰か変わりにしてくれ~!!!
でもこれがアフターキャンプの楽しみでも有りますよね?
次回のフィールドで活躍する道具類を想像しながらメンテナンスしましょうね。
私みたいな邪魔臭がりは、キャンプ用品のレンタルが良いのかも・・・。(^^;
 
 
続 く →
 
 
投稿日時:2011/01/13 09:41:30 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(1)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その6)~料理編-2<グリルステーキ>~

 
【シュラスコスパイスのグリルステーキ】
 
 
さてこのお正月キャンプの ”メインディッシュ”です。
いつもは極寒の中、シェルター内で鍋を突付きながら無駄話をして、酔っ払うだけのキャンプですが、今回はこのグリルを初めて使うために少し奮発した「お肉」を持って行きました。(^^v
 
~伊賀牛250gヘレステーキ~ 近所の地元牛です。
余りお肉の事は詳しく有りませんが、霜降り肉の美しいサシが入ったお肉で、どんな料理をしても上手そうです。素人が焼いてもまず失敗は無いでしょう。(^^;
 
 
 
 
さらにわざわざ友人が持ってくれた「シュラスコ専用のシーズニングソルト」
原塩、香辛料、ガーリック等が調合されたスパイスで、お肉に付けて焼くだけで美味しくなるという魔法の調味料。しかし!これが岩塩については超あら粒!これはミルで小さく砕く必要が有るではないか・・・・!とりあえず1粒かじって見ると意外と塩辛く無いので、どうやら塩の塊では無さそう。なので・・・そのまま大きな粒をまぶして焼いちゃえ~!あと「有頭エビ」と「骨付きソーセージ」を横に並べて、まずは超シンプルな”グリル料理”を開始!
 
 
 
 
軽く油を塗って、焦げ付かないようにグリル焼面を十分に熱してお肉をド~ン!冬の乾燥した空気の中で、一気に香ばしい臭いがたちこめ食欲が沸きます。あら粒のソルトもかなり剥がれ落ちましたが気にせず、片面を網目状になるように位置替えをして焼きました。エビ、ソーセージも同様に片面を焼き、焼き色が付いた頃合いでひっくり返しました。
 
かなり肉が分厚いのでオーブン焼きも必要だと思い、少し弱火にして琺瑯天蓋を閉めました。前回ピザのレポートでも記述しましたが、 琺瑯部の蓄熱によりグリル全体からお肉に熱が加わり美味しく焼けます。ランタンベンチレーターと同様な琺瑯天蓋の変色(写真は左側)が解りますか?
 
 
 
 
お肉の焼き具合はレアですが、内部まで熱が通っているか確認して完成!
冷ませばローストビーフとなるようなグリルステーキが出来ました。(^^v
 
さてお味の方は・・・・・・・!ご想像の通りに間違い有りませんよ~!
一応、市販のステーキソースも用意していましたが、このシーズニングソルトがまた絶妙です。お肉本来の味を引き出していますので、何もつける必要有りません。
 
美味い~!
 
ただあら粒の食感が・・・・!?(^^;
 
 
 
 
今回の使用時注意点としましては、
やはりシェルター内での使用は煙や臭いが道具に付くので、グリル焼き料理の場合はシェルター外へ移動した方が良いでしょう。また琺瑯天蓋の全体が熱くなるので、シェルター生地への接触(溶ける)や、小さな子供達のヤケドには十分注意が必要ですね。
 
いつもは子供3人達と取り合いして、私の食い分が少ないので不満ばかりですが、久しぶりに1人でおもいっきり食べれると思ったら・・・・残しちゃいました。(^^;
子供の「欲しい!ちょうだい!」の声は、どうやら私の食欲も増幅しているようです。
年のせい?も有るかもしれませんが、意外と一杯食べれないのね~。
 
さて次なる料理は何を作ろうかな~?
やっぱ子供達が喜ぶ料理がいいよね~。
 
 
続 く →
 
 
投稿日時:2011/01/12 11:39:51 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(2)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その5)~料理編-1<市販ピザ>~

 
【市販のサラミソーセージピザ】
 
 
昨年末は本当に忙しくて、全く使用出来なかったこのグリルです。
やっとお正月キャンプで活躍してくれましたので、調理編としてレポートします!
モニター報告が遅くて本当に申し訳有りません。m( __ __ )m
 
友人2人とお正月恒例の野郎キャンプです。
某メーカーの大型シェルター内にリビングテーブルとチェアー2台、コット2台、クーラー、ジャグ、石油ストーブ2台、そしてこの 「ロードトリップグリル」をテーブルの横に据え付けました。やっぱこのグリルの赤い琺瑯の天蓋は目立ち、冬の寒空でも良く映えていい感じです。
 
ただ問題なのはグリルサイズですよね~。スタンドを含めて非常に大型です。今回は2人だけの装備なので余裕が有り、通常子供達が座る車の座席部にこのグリルを積み込みましたが、これが家族キャンプの場合はかなりキツイかも・・・・。
 
 
 
 
さてまずは オーブン性能を確認する為「市販ピザ」を数枚買って行きました。
同行した友人は「手作りピザ」が得意なので次回作って貰うとして、まずは小手調べと言う事で・・・・・・。この市販されているピザは最近では種類も多く、かなり本格的なビザが楽しめます。ちょっとした小腹が空いた時や朝食用に有ると便利ですよね~。子供が「お腹すいた~!」と言えば、直ぐに調理できる重宝さも良いです。
 
軽く油を塗って、弱火にして、琺瑯天蓋を少し閉めてグリル内部を予熱後に
ピザをド~ン!琺瑯天蓋を閉めてオーブン焼きにしましたが、間も無く焦げ臭い煙が・・・・・!
 
ありゃ~りゃ!
 
グリル焼き面を熱し過ぎた為に、真っ先に下生地が焦げてしまいました。(^^;
こりゃ~少し火加減が必要だぞ~。
 
 
 
 
その急遽の対応としまして、
下熱を弱めて分散させると言う事で、同様な琺瑯製の皿をピザの下に敷いて焼くと美味しそうに焼けました。生地はサックリ、チーズはトロトロでいい感じです。やはり焼き面に直接置くのでは無く、皿や台に乗せて加熱すると上手く行くようです。さらに「クッキングシート」を敷けば良いかもしれません。またピザを何枚も焼いているとグリル全体が加熱・蓄熱されて、作るほどに上手に焼き上がるようになりました。
 
グレート焼き面を外してコンロに火を付けて、琺瑯天蓋やグリル内部を温めてから、外したグレートを置き、弱火にして、ピザを焼く方法もいいかもしれませんね。
 
やはりこのグリルの1番のアピールポイントは大きな 琺瑯製天蓋です。加熱するとランタンのベンチレーターと同様に「赤色」から「赤茶」へと変色します。これは琺瑯部が蓄熱されている状態なので、グリル全体から食材に熱が加わりオーブン料理が可能となります。残念ながら本格的なオーブンのように上火、下火の火加減を調整出来ませんが、アウトドアでは十分な性能を発揮します。
 
ツーバーナーの上で使う「コールマンオーブンⅡ」も持っていますが、このグリルと比較しても熱量の差が歴然です。やはり天蓋やグレート焼き面の琺瑯が良いと言う事が解ります。
 
 
 
 
さらに天蓋背部に有る換気口も内部ピザの焼け状態が確認出来て便利ですね。
写真向かって右側部の蓄熱された琺瑯変色が解って頂けるでしょうか?
 

【市販のシーフードピザ】
 
 
さて市販ピザのお味の方は・・・・美味しい!当たり前~ですよね!
少しぐらい焦げて調理が失敗しても、フィールドで食べる 熱々のピザは最高ですね!私にとってのオートキャンプは、大好きなランタンやキャンプ道具を使う楽しみ以上に、飲んで食べるのが1番です!(^^v
これからこのグリルをガンガン使っちゃいましょう~!
 
次は「お肉」だ~!
お時間有ればどうぞ見てやって下さい。
 
 
続 く →
 
 
投稿日時:2011/01/12 11:24:27 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(0)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その4)~使用前の各部特徴-3~

モニター当選の付属商品としまして、本体一式と共にこの「ロードトリップグリルカバー」も付けて頂きました。

どんな商品もそうですが、やっぱり収納バッグやケース、カバーは必要ですよね。
別売りでもなぜか買っちゃいます。(^^v 大体オプションでも有る専用ケースは値段もお高く少し躊躇しますが、やはり有る・無いでは大違いです。

当然ながら移動時の持ち運びにも重宝しますし、保管・収納するのも便利です。
さらに長期に渡り保管した場合は、その道具類の「程度・状態」にもかなり影響します。収納ケースやカバーはホコリや湿気、衝撃による凹みや傷等から内部道具類を保護します。長い間、愛用の道具を綺麗に維持する目的としても重要ですよね~。

さてこのロードトリップグリルの専用カバーは「2WAY方式」です。
組み上げたスタンド時でもロングカバーとして掛けれますし、折り畳んだ収納時でも内部のファスナーで短くしてショートカバーとして掛ける事が可能です。

残念ながら私の家は狭く、倉庫も大きく無いので、スタンド状態のままでカバーを掛けて保管する事は出来ません。(^^; アメリカンスタイルで家のガレージからスタンド状態で引き出して使用出来たらいいですよね~。本当に憧れます!

キャンプ場の夜間就寝時にはスタンド状態でロングカバーを掛けて夜露防護としてもいいですね~。生地もPVC加工されており、水気にも強く、頑丈なグリルカバーです。撤収時にはショートにして保護カバーとして重宝します!

本当にいろいろ忙しくて記事をアップ出来ません!
やっと次回からは調理によるグリルレポートの予定です。
これについては料理テクニックのレベルによってもレポートは変わってきますよね~。かなり不安です。(^^;

お時間有ればヘタクソな料理でも見てやって下さいね~。

続 く →

投稿日時:2010/11/02 15:35:50 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(0)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その3)~使用前の各部特徴-2~

 
続きまして燃焼部以外の本体部分について少し特徴を記述します。

両側面に有る「サイドテーブル」もスライド式で簡単に引き出せて、食材や調味料等の小物置きには重宝します。しかし簡易的なテーブルと考えて、上からの荷重は十分注意が必要ですね。特に子供達には言い聞かせないと体で強く押えそうです。その事はちゃんと目立つ場所にも注意書きシールが貼られています。ツーバーナーでも単体使用よりは、ラックやトレーを付けるだけで機能性は格段と上がりますよね。
やっぱ ビール専用テーブルでしょう!(^^v
 

 
正面に位置するコントロールパネル部の「器具ツマミ類」もシンプルでいい感じ。
点火ボタンや火力調整等は実際使ってみないと解りませんが、調理汚れ等も直ぐに拭き取れそうな形状です。さらにアクセサリーホルダーの3個のフックが下部に装備されています。トングやターナー等を掛けるのに便利そうです。こんなフックでも有る・無いでは作業性がかなり違ってくるものです。
 
おっ!昔、友人から貰ったアメリカンサイズの 「コンビーネーションツールセット」が掛けれるかも!このロードトリップグリルに合いそうですね~。
誰かその巨大なツール使っている人います?(^^;
 

 
燃料部分のレギュレーターやホースが一体型となった「ツインパック」は分割式で使用する毎に接続します。接続する手間は掛かりますが、取り外せる事により収納性が大変良くなります。ガスカートリッジ2連装で火力が5,000kcal(2,500kcal×2)ですので、まずまずのパワーです。蓋付きオーブンとしては十分の火力なのでしょう。
料理ベタな私は少々の火力の違いなんて関係無い?
 

 
本体と一体型となっている「スタンド」は、ワンタッチで組み立て可能なイージーセットアップです。移動ホィールとハンドルがクロスしたスタンドで、ハンドル側を足で固定して上に引上げるだけの 簡単設営です。ただハンドル部分を足で強く踏む為に、どうしても汚れや傷が付いてしまいます。既に私のグリルも写真で確認出来るほどかなり汚れています。
 
欲を言えば、ホィール側を支点として足を置いて組み立てる設計にして欲しかったですね。しかしホィール可動側と違うのでスタンドが立ち上がらないか!でもハンドルは手で持つ場所なので汚れや傷等は極力付けたくは有りません。踏む場所を変えてもハンドル部分は結局地面に付きますので、やっぱり汚れるのは仕方ないのかな~。
 

 
そして各部特徴の最後となりましたが、天蓋中央部に配置される「コールマンロゴプレート」です。高級感有るエンボス刻印プレートは、鮮やかなレッド天蓋によく合います。このロゴは コールマン好きな方には溜まりませんよね!
私もランタンのタンク側面のコールマンデカールにはやっぱ拘ります。
その時代により変わってゆくロゴマークは、コールマンの1世紀以上に渡る歴史そのものです。
 

 
さらにロードトリップグリルカバーについても少し記述します。
調理はまだか!と言われるかも・・・・ゴメンなさい!
本当にこの9月~10月の週末はイベントや用事が多くて・・・・。

続 く →
 

投稿日時:2010/10/19 10:33:35 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(0)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その2)~使用前の各部特徴-1~

母の年忌も無事終わり、やっと少し落ち着きました。
親戚一同集まるのに家の掃除や片付けは本当に大変でした。
さすがに年忌でこのグリルの使用は出来ませんでしたね~。(^^;

このグリルの 赤黒ボディーは強烈なインパクトが有ります。
キャンプ場でも直ぐこのグリルだと解るカラーリングです!
まだ使用前では有りますが、私の主観を少し混じえて各部の特徴を記述します。
やはり頂き物なので多少のヨイショが入るかもしれませんがお許しを。(^^v

まず目に止まるのは鮮やかな 赤の琺瑯加工された大きな「天蓋」です。
本国ではスペシャルバージョンのブラック/シルバーのカッコ良いタイプも有るようですが、やはりレッドの方がフィールドで映えるので私は好きですよ~。
オーブン料理を可能とする耐熱性と清潔感に優れた琺瑯加工ですので、調理汚れも直ぐに掃除が出来そうです。
さらにこの天蓋が取り外せるので非常にメンテナンスはし易いですね。
琺瑯加工はその特性からランタンのベンチレーターにも採用されています。
#200Bの赤ベンチレーターと同じですよ~。
 

 
メインの調理場となる「グレート(ごとく)」は鋳物のグリドルかと思っていましたが、
これも琺瑯加工された鉄板のようで、大きな1枚物では無く2分割式ですので非常に使い勝手が良さそうです。でもグレート中央部を集中的に加熱するので、グレート端部まで熱が行き届くのでしょうか?これは使ってみないと解らないですね。

まあチャコール式でも網端部の熱量が少ないので、食材を小まめに位置変えして、万遍無く火が通るようにすると上手く焼けますよね~。同じようにこのグリル焼き面でも小まめに位置変えすればいいんじゃないかと思います。
しかしいつも思うのですが、格子状の綺麗な焼き目は見本写真のように上手く付けれないですよね~。(^^;

さらに片側をオプションの「ストーブグレート」に変えれば、通常のシングルバーナーとして使えます。

片側で小豆を煮ながら、グリルでお餅を焼く・・・・。
おっ! ぜんざいが出来るではないかっ~!(^^v

これ1台で調理ストーブ系は何も必要無いと言う事ですよね。
かなりサイズが大きいのでキャンプに持って行くのは大変ですが、逆に炭焼きグリルやツーバーナー、スタンド等を持って行く必要が無く、装備がシンプルになって良いかもしれませんね~。

 
さらにグレート下部に「汁受け皿」が有り、そこに水を溜めて使用します。
余分な油や汚れ等を落とすのにも水が有ると便利です。
家のオーブントースターでも焼き網の下は油や食材カス等で汚れていますよね。
家電製品も意外と掃除がし難いですが、このグリルの汁受け皿は取り外す事が可能で丸洗いが出来るのが楽です。
さらに汁受け皿の下もクロムメッキの1枚プレス鉄板ですので、拭き取り掃除もし易そうです。ステンレスならば文句無しだったけどね~。(^^;

このブログ記事に添付出来る写真は5枚までなのですね。
だから各部の特徴も次の記事へ続きます~。
お時間有ればどうぞ見てやって下さい。

続 く →

投稿日時:2010/10/16 08:45:53 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(2)  トラックバック(0)

◆ロードトリップグリル レポート(その1)~梱包開封・サイズ比較~

土曜日の運動会疲れが取れた日曜日の朝です。
天気予報を見てみると昼頃より大雨の予想!

やばい!
午前中の用事を午後に廻し、急いで開梱しました~!(^^;

どんな商品でもそうなのですが、梱包を開けるときがドキドキ感の絶頂ですよね~。
なんら子供の時と変わってませ~ん。
昨日おあずけ状態となっていたのでアドレナリン最高潮!

玄関に有った大きな梱包箱をまた外に出して、内部を確認してみると 真紅のボディーが出ました!巨大な梱包箱から想像していたよりは小ぶりな感じです。
天蓋を開けてみるとパーツ類が保管されており、簡単な組み立てが必要です。

キャンプ用品とは思えない取扱説明書を読みながら、ホイールとハンドルを組み立てました。ぽっちゃり息子をモデルにこんな感じで簡単に移動出来ます。
やっぱ子供と比べたらデカイですよね~。

さて次なるガスユニット(ツインパック)を付けている途中で、またも昨日と同じくポツポツと雨が!私の 雨男パワーがまた勝ってしまった~!(T_T;

しかし今回はこのまま雨がやむ事が無いと判断して、勝手口の狭い屋根スペースに移動しました!ホースやダンボール等を片付けての写真撮影。
家族からは馬鹿みたいと言われて・・・・悲しい~。

コールマン製品で大きさを比較しようと思い、同じカテゴリーの「ステンレスツーウェイグリルⅢ」を並べてみました。
まずは元箱を並べてみましたが、かなりの大きさが違います。
ツーウェイグリル3台はロードトリップグリルの元箱に入りそうです。(^^;

皆さんはこんな大型商品の元箱はどうしていらっしゃるのでしょうか?
私はいつも捨てられず、ぺちゃんこにして倉庫に保管していますが邪魔で仕方無いですよね~。

さて組立本体の比較です。
やはりチャコール式のグリルと比べても明らかに大きさは違いますね。
ロードトリップグリルはマシンですよね~。
ただのステンレスの箱と比べたら可愛そうです。(^^;
焼き面の高さ的にもツーウェイグリルより少し上がりますので、腰痛持ちの私には中腰にならずいい感じです。さらにLPガス式で子供が使う訳では無いので高い方が安全なのかもしれません。

焼き面サイズも比べてもかなりの違いが有ります。
からガスへと変わると料理も当然変わりますよね~。
これから大人数のBBQで大活躍しそうです。

 
おっ!大人数と言う事ならば・・・・!
今週の日曜日の「母年忌」でこれを使って親戚一同におもてなししちゃいましょうか?
(^^v  母親もBBQが好きだったので天国で喜ぶかも~。

次は使用前の各部の特徴を記述します~。
お時間が有ればまた読んでやって下さいね。

続 く →

 

投稿日時:2010/10/06 08:13:26 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(2)  トラックバック(0)

届きましたよ~ロードトリップグリル↑↑↑しかし私はヘロヘロ↓↓↓

 
本日子供の運動会から帰ってきたら、玄関にどでかい荷物が!
やっと届きましたよ~B賞のロードトリップグリルが!
家の中に入れないほどの大きな梱包箱です。
 
しかし猛暑の小学校運動会でポッチャリ息子をおんぶして走った親子競技で、
私はもうヘロヘロで倒れそう。
でも中身が見たい衝動に駆られ、庭に出して外ダンボールを開封しました。
なんとグリルカバーも付けて頂いて大変嬉しいです。
 
 
でも小雨がポツポツ降ってきて急遽撤収!私も体力限界で今日はここまで~。
商品開封のお楽しみは明日以降に~。(^^v
 
さらに来週の3連休は母親の年忌でこのグリルの初出番は再来週になりそう。
それまでストーブグレートは欲しいところです・・・。
 
本当にキャンプにも行けない忙しい秋です・・・・・悲しい!
 
 
投稿日時:2010/10/05 13:12:53 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(4)  トラックバック(0)

B賞モニター当選!かなりのプレッシャー?

 
本日の夕方に見慣れぬメールがCOC事務局から届いていました。
なんだろ~と読んでみると・・・・

「厳選なる抽選を行いました結果、お客様のご当選が決まりました。おめでとうございます!」「ご当選賞品:B賞 ロードトリップグリルLXE-J」のメール!

えっ!ホンマかいな~!
これでもまだ信じれず、当選者発表のページへ。
そこには私の名前が・・・・!
いや~どうしよう~(^^;;;;;

今まで数々の商品モニターの応募歴が有りますが初めてですよ~!当選なんて!
しかし「使用レポート」が、かなりのプレッシャーを感じてます・・・・。

なんせモニター応募したいが為に、このColemanCafeブログを開設してしまったが、やはり忙しく記事もアップ出来ずにいたところでの「この当選」です。こんな中途半端な私が当たるとは、本当に厳正なる抽選をされた証拠でも有りますよね~。(^^;

私の野外バーベキュー歴は長いが、いつも炭の上にただ食材を置いて焼いてタレにつけて食べる料理・・・・。しかしそれがこのLPガス式でオーブン料理が可能なグリルになれば、どう料理・調理方法が変わるのか?
自分でも大変興味は有ります。(^^v

まあこんな時じゃないと凝った料理はしないので、私にとってはステップアップのチャンスかも。節操も無いコゲコゲのお肉料理が、道具が変わるだけでアメリカ~ンBBQへ!
さてどうなる事でしょうか?

その前にグリル料理の勉強が先ですよね~。
BBQ達人の方々!どうかご指導下さい~!
 
 

投稿日時:2010/09/10 22:15:11 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:イベント  コメント(2)  トラックバック(0)

「レザーフォントカバー」はワイルドでイメージガラリ!

 
 
ずっと買っておいて長い間使っていなかった「レザーフォントカバー」を#635Bと#200Bに装着しました。

正面側はワイルドな感じになりGood!イメージが変わり良いねぇ~。
しかし背面側は・・・・。プププッ!焼豚状態!(^^;

この装着状態で給油したら少し溢してしまい、給油口下に大きなガソリンシミが付きました。「えらい事してしもた!」と思ったが2~3日で乾いて元に戻りました。
まあこれから普通に使えば傷やシミは沢山付くでしょう。
レザーなので 使い込むほど味が出てきます よね
どなたかこのカバー使い込んでいる方いらっしゃいますか?
レザーが変色してテカテカになるまで使いたいですよね~。
 
 
--------------------------------------------------------------------
昨年2009年末よりキャンプブログを始めました。
特にコールマンランタンの「#635/#639/#335/#339」が大好きで、仕事の合間をぬって徐々に記事をアップしています!お時間の有る時にでもどうぞ見てやって下さい。
http://mycampstyle.blog.eonet.jp/default/
--------------------------------------------------------------------

投稿日時:2010/07/26 12:04:05 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(4)  トラックバック(0)

初めまして~!使い方が解りません~!

初めまして!
Coleman Cafeのリニューアルのメールが届き、
思わず「製品モニター」に応募してしまい、
本ブログの使い方も解らずこの記事を書いています・・・。
 
昨年末から始めた自分のブログ(http://mycampstyle.blog.eonet.jp/default/)も
忙しくて記事アップ出来ないのにどうしましょう?(^^;

コールマンランタン大好きです!
旧Cafeも全く参加していませんでしたが、
どうぞ宜しくお願いします!
投稿日時:2010/07/23 12:49:39 投稿者:【Gontaro】
カテゴリ:イベント  コメント(4)  トラックバック(0)