埼玉_秩父御岳山

 
日時:2011年3月10日木曜日
場所:埼玉県秩父市大滝周辺
天候:晴
気温:日中-2~10℃
撮影:Canon EOS 50D (EF LENS)・LUMIX DMC-FT2
 
 
 
今まで仲の良い仲間と複数での登山、ハイキングを楽しんできました。 でも何れも困った時には幹事に頼り、仲間に頼り、「これって本当に満喫しているのか・・」と自ら疑問に思ってしまい・・・今回の山登りは自らの意思で、そして山のコンディションを研究、予測し「自分の力で登ってみよう!」と計画を立てました!!!
今まで仲の良い仲間と複数での登山、ハイキングを楽しんできました。 でも何れも困った時には幹事に頼り、仲間に頼り、「これって本当に満喫しているのか・・」と自ら疑問に思ってしまい・・・今回の山登りは自らの意思で、そして山のコンディションを研究、予測し「自分の力で登ってみよう!」と計画を立てました!!!
秩父御岳山:
秩父多摩国立公園のうち。
この山は江戸時代末期に修験業者普寛が開いたと伝えられており、山頂には普寛神社の小祠、三等三角点があるときく。
 
今回私は山のコンディションを入念に下調べをおこない、そして電車と最寄り登山口へのバスとの接続が良くない事もあり、駅から徒歩で登山口にたどり着ける町分コースからのアクセスに挑む!
JR高崎線高崎行にて07時07分熊谷駅到着。
秩父線ホーム6番線へと向かい、三峰口駅までの片道切符920円を購入。
07時16分熊谷駅発、 そして08時41分終着駅三峰口駅に到着する。
改札出た所に『熊に注意』との看板が・・・。
 
 
いきなり不安がよぎりながら 駅を背にして右手方向へ進むと4分程で白川橋が見えてくる。 橋の上からの風景も良い眺めです!!
 
橋を渡り右手方向へ進み、その先歩道橋手前を斜め左の道に入り、・・・
 
しばらく歩くと左側に公衆トイレを発見! ようを済ませてから左手の道を登って行くとわかり易い標識が登山口へと導いてくれる。
 
09時05分、町分コース登山口到着!  ここの時点で標高約300メートルと計測。
山頂へ向け登山開始する!!
途中墓地、鉄塔を抜ける道と少し変わった山道だぁ!
周りの風景に気を取られていると道がわかれているのでコース確認は油断禁物っ!
登山口はわりと険しい!!
足場は枯葉が多くて滑りやすい!! 足場確認も入念な見定めが必要です!!!
標高500メートル付近になると三峰口駅周辺と秩父の山々が見渡せるスポットに到着する!
 
そこから約5分程進むと杉木の林道に入りしばらくは平坦な道が続く。 
杉木達が遮って周辺山々の良い展望は望めない! iPhoneの電波も不安定で・・、『やまちず※』があてにならない!!
手元の地形図とコンパスのみが頼りだっ!!
 
※やまちず:
 
700メートル付近になると更に道が狭まり、積雪も増してきた!
所により崩れた跡なのか極端に足場のないポイントもあり、転落もありえる!!
アイゼン装着も考えたが、しばらく様子をみる事にした。
 
 
800メートルを過ぎた所では、やっと周辺の山々が姿を出しはじめる。 そして風通しが良いためか急激に温度計の数値が下がりはじめる。
山道はすっかり雪に隠れ、ここでアイゼン装着する。
11時12分、標高1,080.4メートル! 秩父御岳山山頂到達!!
 
 
先ずは参拝して、・・そして昼飯準備で湯が沸く間、周辺景色を堪能する。
天気にも恵まれて・・・埼玉周辺の山々達は良い顔をしていました!!!
 
山頂はかなり狭く、10名程になると思うように身動き出来なくなりそうだぁ!
オンシーズンで登山者が増える時期では長居が出来なくて落ち着かなそうです。
今日は今まで誰にも登山客と会う事はなく、自然と一体化したようで・・・山頂到着の喜びを全身で表現する事が出来ましたっ!!!
 
『iPhone』は相変わらず安定せず、『au』の方がここでは電波が安定しています。
ストーブ点火後僅か5分もたたず湯が沸いていて、・・今日のメニュはピラフと味噌汁です!!
やはりこの様な自然の中での食事は最高です!!
 
 
誰もいなくて、ゆっくりリラックスしながら食べれました!!!
 
12時50分下山開始!
14時25分にはスタート地点の登山口へ戻る事が出来ました。
今回体験した秩父御岳山町分コースの山歩き、自己難度レベルは・・・
[★★★★★★★★  ] 8/10。
早春登山としは、ややハイレベルであった。
幼い子供とではこのコースは無理かなぁ!?
 
15時10分、秩父鉄道羽生行の電車にて熊谷駅へ。
16時43分熊谷駅到着。 そして今回のソロ登山計画は終わりました。
秩父御岳山登山中、私を助けてくれたギアパートナー達に感謝です!!
ARC'RERYX ベンタSVジャケット
ARC'TERYX アロー22
THE NORTH FACE フロントアクセサリーポケット
Black Diamond Z-POLE
mont-bell コンパクトスノースパイク
・・・他、
 
 
そして次なる、・・・城峯山登山の計画をはじめますっ!!!
投稿日時:2011/04/26 17:22:28 投稿者:【DRAGON_BEAUTY】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(0)  トラックバック(0)
<<前の記事へ次の記事へ>>

コメント一覧

トラックバック一覧
この記事のトラックバックURL:

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください