自戒

 
一年前も同じタイトルの記事を
アップしています
 
微力ではあっても事が起きる前に
自分にも何か出来る事は無かったか
少し後悔しながら考え続けています

別にキャンプでなくとも
どんなアクティビティであれ
リスクは伴うものです

キャンプの場合
特に気をつけなければならない事の
一つに河川での過ごし方があります

私は臆病ですし設営しづらい河原を
自らキャンプ地に選ぶ事はありませんが
猛暑の夏に涼を求める気持ちは理解
できますし禁止を叫ぶつもりもありません

日本のキャンプ史上最悪とも言える
玄倉川水難事故(くろくらがわすいなんじこ)
(→参照:Wikipedia あまり深く記録を追うと
悲惨な事故動画に遭遇しますので注意)

の教訓が活かされなかった悲劇が
神奈川県山北町の私も訪れた事のある
キャンプ場で起きてしまいました



原因をここであれこれ詮索するつもりは
ありません

危険を正しく理解し誰もが安全に
楽しめるキャンプであって欲しい

もっとアウトドア業界全体で
メーカーやメディアの垣根を越え
安全なキャンプの為に
積極的に事故事例も収集し
広報運動を行う機運の高まりに
期待します


ご冥福をお祈りします
 
投稿日時:2014/08/06 21:23:39 投稿者:【HAMAKI】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(6)  トラックバック(0)
<<前の記事へ次の記事へ>>

コメント一覧
アキラさん、こんにちは。
 
自然に親しむのはいい事です。なめてはいけないって事ですね。
 

投稿者:HAMAKI URL  投稿日:2014/08/22 14:22:10

みっきぃさん、こんにちは。
 
保護者の努めですね。
 

投稿者:HAMAKI URL  投稿日:2014/08/22 14:20:09

dumpmanさん、こんにちは。
 
あれだけの事件の後に認識不測の事故が起きているのは残念なことです。

投稿者:HAMAKI URL  投稿日:2014/08/22 14:07:58

まさか有料のキャンプ場でしたね。

この事故を機に玄倉川の事故のことも知りました。

中洲でのキャンプにリスクは基礎知識のことだと思うんですが・・・

ちょっとした気の緩みだったんでしょうか??

今回はもちろん運営側にも大きな責任もありますし。

僕自身は自然ときちんと共存できるキャンパーになりたいものです。

投稿者:アキラ URL  投稿日:2014/08/10 11:13:46

HAMAKIさん♪

安全に楽しむキャンプの為に施設や周辺情報、天候など事前に調べることは大切ですね

慣れてくると怠ってしまいがちなので改めて考えさせられました

投稿者:たかすぃ&みっきぃ URL  投稿日:2014/08/08 15:01:53

ここではお久しぶりです。

今回の事故は、運営会社の責任と云うのは間違い有りませんが、利用者の知識不足と云うものも否めませんね。リスクを負ってもワイルドなキャンプをしたい方が居るし、それに対応して業績を伸ばしたいと思う企業も自然でしょうね。でも安全管理が徹底していなければ今後も同じような事故は起こります。利用者もそれなりの知識と経験が必要なサイトが在るという事を理解して楽しんで欲しいものです。

投稿者:dumpman URL  投稿日:2014/08/06 23:46:40

トラックバック一覧
この記事のトラックバックURL:

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください