プロフィール

お名前:レンズマン
自己紹介:
オートキャンプは結構昔からやってますが、コールマンの良さに目覚めたのは最近です。趣味はスキューバダイビングとキャンプです。アウトドアは何でも好きです。年に1~2回は海外のリゾートやクルーズ等でダイビングを楽しんでいます。

赤いフォルクスワーゲンから白いメルセデスB180に乗り替えました。コンパクトカーだけど荷物は結構載りそうだし、最新装備が充実していて楽しい♪

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2011年1月  >>






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カウンタ
今日 : 102
昨日 : 82
合計 : 966,874



神田の家で「手妻」を観賞しました。

今日は新春らしい楽しみをという事で、手妻を見に行きました。手妻というのは日本古来のマジックの事で、手を稲妻のように速く動かすことから来ているらしいです。会場となった「神田の家」は、神田明神の裏手にある昭和初期の日本建築で千代田区の有形文化財となっています。ここの2階のお座敷を貸し切りにして手妻を楽しむという贅沢な企画です。
 
江戸時代から伝わる伝統芸能である手妻は今や伝承者も少なく、今日の演者である藤山新太郎さんは数少ない貴重な存在です。最初は「お椀と玉(和風カップ&ボール)」、お話を挟んで「浮かれの蝶(胡蝶の舞い)」、続いて弟子が「金輪(和風リンキングリング)」を演じた後には再び藤山さんによる「針飲み(危険術)」である。どれもが素晴らしい芸で、たった19席しかない貸切お座敷で幻想的な時間を楽しむことが出来ました。「おまけ」と称して最後に演じられたのが踊り「おてもやん」でしたが、これも大ウケでした。江戸時代って文化的に豊かな時代だったんだなとしみじみ思いました。
 
投稿日時:2011/01/16 11:12:32 投稿者:【レンズマン】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(2)  トラックバック(0)
<<前の記事へ次の記事へ>>

コメント一覧
ISAOさん

良い時間を過ごせました♪手妻はあの位の広さでないと本当の良さが伝わりませんね。キチンとした芸の迫力が伝わって来ました。

所で雪中キャンプですか!うう、寒そうですね。ダウンハガー#0が必要かな…。

投稿者:レンズマン URL  投稿日:2011/01/16 23:44:20

おとうさん!!(笑)

こ、今度はまた新たな遊びを・・・。
水中、水上、陸地、昼間、夜、伝統・・・。
様々な世界で、遊びを堪能されてますね。

今度、雪中キャンプでもやりませんか?

投稿者:ISAO URL  投稿日:2011/01/16 22:35:26

トラックバック一覧
この記事のトラックバックURL:

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください