プロフィール

お名前:ニャン太郎
性別:男性
出身地:愛知県

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ
僕とおかんとアウトドア
★numasan★
一平とゆかいな仲間たち
ファミからグルキャンまで・・・
Colemanがある風景
れっつ!, Go, Camping

コールマン コクーンとわくわくファミリーキャンプ!!
気ままに、週末アウトドア!
キャンプ♪♪ 週末雨だよ~まじっすか!!
管理人の部屋
1号と2号とキャンプのブログ
虎次郎のまったり♪ゆったり♪アウトドア日記
max家の楽しいCAMP
はんぺん!の独り言ぶろぐ!
Camp life of takamax
アーリーのエンジョイキャンプ!
*。*。3姉妹とキャンプ*。*。~ACC~
外遊び  やったるぜ!!
145の親父日誌 in Coleman Cafe’
ねこじゃらし
クレイジーにキャンプ行くベー!
へたれキャンプッ
家族でアウトドア ~キャンプ大好き♪ ~
金属加工屋の独り言
IG-Gang
松戸・・・・命 実行半
TAKEPAPAの徒然日記
キャンプ大好き
ゆるゆるが好き
Let's go to the camp !
Canola&Sun Smile Camp
でぇ~くOhnumanの魔王なる日々
.
★ ★ ★ ★焚き火大好き ★ ★ ★ ★
木の家に気ままに暮らす
TOKI OUTLET SHOP
フロンティア スピリッツ
Coleman Maniax by 202P
.
懐かしの森へ
★ SAMの”おサム~い”cafeテラス ★
ツキノワグマのsachet 
ISAOの気分屋的アウトドアの部屋
りゅう爺のどんとこい野外活動日記
スノーボーダーのキャンプ
ひげおやじ☆こだわり部屋
~CAMPING TIME~ 楽しいキャンプ時間

<<  2014年9月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

カウンタ
今日 : 263
昨日 : 363
合計 : 6,373,367



Coleman ENJYOY OUTDOOR FIELD ~感謝の三日目編~

 
本当、今更かもしれませんが、まだ完結できていませんでしたので・・・
 
 
Coleman ENJYOY OUTDOOR FIELD も最終日
 
 
 
 
前日の楽しい夜も明け、早朝にはこれも臨時イベント、早朝カヤック&朝食が行われていました。
 
キレイな湖の朝、湖面でお茶してたりしていたようです。
 
我が家は、ネムネムにて、終わりがけにちょと様子覗いただけになりましたが・・・
 
 
 
んで、朝食の後、森の冒険にお出かけです。
 
前日のガイドの方が楽しい方で、明日もね!と勧誘もあり(笑)、また一緒に歩きたいと思い、撤収を後回しにして参加させて頂きました。
 
このガイドの方は富士山をこよなく愛する方で、いろいろなお話をお聞きしました。
 
「富士山アウトドアミュージアム開館準備中」との事でしたが、開館されたのかな?
 
来年行ってみようかと~
 
 
 
 
さて、道中はいろいろなものがありましたが、あまり書くと楽しみも薄れてしまうので抜粋。
 
写真左は衝撃のきのこ乱獲写真。
 
 
富士樹海はきのこが沢山ありますが、乱獲して後でいらないきのこを林道に捨てていった輩がいました。
 
ガイドさん、かなり「怒」&「悲」の雰囲気でした。
 
こういった、人がいらないきのこでも、生き物達には重要なものなのだと。
 
そもそも、禁止の場所なんですけどね。との事
 
本当こういうことはやめましょう。
 
 
右は、謎の曲がり方の木。
 
ここで、皆で「なんでだろうね・」談義
 
いろいろ想像のまま、記念写真。
 
 
 
 
樹海の様子。
 
ガイドの方が今回、特に言いたかった事。
 
「樹海」って聞くと、どんなイメージされます?との質問。
 
迷いの森等、あまり良くないイメージ、死の森的イメージが浸透していますが、これはメディアの作ったイメージなのだと。
 
たしかに、イメージとはうってかわって、ジブリチックな幻想的森です。
 
もろもろ最高です。
 
富士山登山も1合目からだと全然違うみたいです。
 
是非、この素敵な森を帰ったら伝えてくださいとの事なので、お伝えさせて頂きました。
 
 
そんな楽しいひと時も終わり、ランチは後ろ髪ひかれつつ辞退し、撤収へ~~
 
 
この日、ニャン子さんはイマイチの体調にて、一人でお方付け。
 
小ニャン太の楽しみな洞窟めぐりは余裕で行けるつもりが、どんどんやばくなってきてしまいました・・・
 
 
ううう~~ごめんね~~といい始めた時!
 
 
設営の時もありましたが、またしても救世主現る!
 
しかも今回は2名のCJスタッフさん~~
 
 
ありがとう~~~!
 
皆、昨日から、小ニャン太の洞窟めぐりを気にしていてくれて、助けてくれました。
 
急いで、洞窟に向かうのと、皆さんも後片付けでお忙しそうなので、ご挨拶とお礼もちゃんとできなかったので、この場をお借りし、
 
 
「本当に今回もお世話になりました。 ありがとうございました。」
 
見てください、おかげで小ニャンたは↓
 
 
 
 
まにあったこうもり穴に向かう姿。
 
「ヤッター!キャッホー!」と向かう姿が超カワイイ。
 
喜んでいました。
 
良かったと思うと共に、段取り反省でもありますが、何分天候がアレだったので・・・
 
 
 
無事、「こうもり穴」「氷穴」「風穴」とギリギリでまわれました。
 
 
洞窟&キャンプも楽しめるPIKA西湖でした~~~
 
 
この後、ステップアップしながらいろいろな山を登り続けております。(順次アップ予定)
投稿日時:2014/10/01 07:15:31 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:イベント  コメント(12)  トラックバック(0)

ちょっと「鉄」させて下さい。 新幹線

 
sachetさんからのフリがございましたので、本日はニャンと2本立て。
 
番外編でございます。
 
 
東でCOCサマーで賑わっている丁度その頃。
 
私は「家族サービスデー」
 
じゃなかった・・
 
「新幹線なるほど発見デー」
 
に行っておりました。
 
 
昨年も、私がモタモタしてて逃してしまったのと、事前応募で車掌さん体験にも当選し、意気揚々と(内心COCが~COCが~と気になりつつ・・)行って参りました。
 
 
このイベント、無料入場です!
 
抽選で体験も当たった!
 
どうやって行くの??
 
 
そりゃ新幹線ってなりますわな・・
 
駐車場もないし・・
 
 
入場料の代わりに、大変な乗車料金を~
 
ぬかったぜ~
 
 
でも、幸せそうな小ニャン太、そして家族でのひと時には代えられません。
 
私一人なら、その費用を幕に投入するだけで、超笑顔ですが。
 
 
浜松で降りる時、笑ってしまいました。
 
新幹線に乗ってたかなりの割合の乗客が皆同じ目的、境遇で乗っていたのです。
 
すげ~
 
 
さぁ、テレビで見る度行ってみたいと夢にまでみた新幹線工場に突入じゃぁ!
 
 
まずは、名物、車両クレーン移動に~~
 
 
 
うっほぉう~
 
満足満足
 
 
 
そして、もちろんドクターイエロー!
 
黄色いぜ!
 
ホームでは見えない下部まで写真で撮れる機会はなかなかないゼィ!
 
 
 
並んでるね~~
 
 
最後に、魂の一撃写真
 
 
 
 
 
 
タマランです。
 
 
車掌さん体験では、一人、車両内で、これって新車だよね?なんて興奮気味で話してたら、現役車掌さんが最新の違いをマニアックに教えてくれました。
 
もう、車掌さんたちもノリノリで当たり前ですが、本当車掌さん!って感じの方ばかりでした。
 
 
そしてあっという間に、灼熱の見学は終わりの時間を迎えました。
 
 
しかし、会場内の食べ物強烈に高いと思いました。
 
 
流石に売れ残って、閉館直前では安くなってました。
 
それを狙っていた私、しかと買い込み、帰りの新幹線では名古屋に着くまで食べてました。(笑)
 
いい思い出となりました。
投稿日時:2014/09/08 22:13:07 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:イベント  コメント(10)  トラックバック(0)

Coleman ENJYOY OUTDOOR FIELD ~満喫の二日目編~

 
※PC不調で、突然シャットダウンになってしまうので、なかなかUPできない・・
 
 
さて、二日目です。
 
ワクワクの中目覚め、朝食準備。 何作って食べたか忘れた・・(≧∇≦)
 
楽しみにしてた、トレッキングの準備です。
 
 登山予定の足和田山は、多少下調を行なっては居ましたが、予定のルートは知らないので、事前の時間スケジュールから、結構長い?と身構え、ニャン子や小ニャン太の色々なケースを想定して、フォロー可能な装備をいろいろと準備してました。
 
 
そして、私のキャンプしていた付近が集合場所のはずですが、誰も来ません。
 
ちょっと余裕かまして、再度荷物を整えていたら、スタッフさんが来られ、私が集合場所を間違えていた事を知りました。
 
汗汗
 
慌てて到着も、皆さんそろってみえて御免なさいスタート。
 
 
のんびりマイペース体質なので、気をつけねば。
 
 
ご挨拶とお話の後、お弁当作りへ~
 
 
おっほぅ!
 
 
おにぎりの具やご飯各種、サンドイッチ用の用意も~
 
目移りしながらおにぎり3個作りました。
 
 
 
 
次に、リュックの荷物を全部出してください~
 
持ち物検査!?ではありません。
 
リュックへの荷物収納がまず肝なのだそうです。
 
 
今回使用のリュックはcolemanの45Lだったかな・・
 
正直ビックリな程使いやすかったです。
 
雨蓋の収納具合抜群ですが、軽いし、何か結構体ににソフトに装着な感じといいますでしょうか。
 
レインカバー付き(オレンジなのがまた良い。)で価格も良く聞くメジャーメーカー、オスプレー、グレゴリー、ミレーとかより大分お得な設定です。
 
一般にトレッキングや軽登山を行う場合、特にファミリーで行く場合にはとても良いだろうと感じました。
 
本格登山では何か違うのか、それは私には今のところわかりません。
 
 
荷物パッキングでおぉ~と思う事数回の後、リュックを手順に従い、説明聞きながら装着です。
 
再びおぉ~~~!
 
こりゃぁいいわぁ~
 
 
何事も基本は大切と感じました。
 
本当変わりました。
 
 
(何か、大分省略してるつもりが、出発前でもうこんなに長文の気配・・)
 
 
 
いよいよ出発!!
 
たっのしいなぁ~~
 
こんなにリュック背負ってランランで歩き始めるの生まれて始めてかも~
 
 
(目指すは足和田山)
 
 
登山口到着からもいくつかの目からウロコのレクチャーの後、進んでいきます。
 
 
あれやこれやで尾根に到着。
 
そこから、見てください、道の右と左で何か違いませんか?と聞かれ、何だろ?
 
 
答え.木が違います。
 
木?
 
あぁ!!!
 
尾根を境に、生えてる木が全く別でした。
 
 
この写真ではわからないかな・・実際見た時は、針葉樹と広葉樹って分かれててビックリでした。
 
 
ビックリです。
 
環境が違う等訳を聞きます。
 
 
 
(この松ぼっくり、リスが食べた後なんですって~)
 
 
そして、今回お約束の雨が~~
 
レインウェア装着~
 
 
これもイベントです。
 
我が家は雨トレッキング経験もなかったし、インストラクターさん見えるときに大雨経験できて良かったと私とニャン子。
 
あっ・・
 
万全の用意してたつもりが、小ニャン太のリュックレインカバーがないっす。
 
困った・・
 
すかさず、インストラクターの方が何かと役立つ袋!(ビニール袋です)を出し、中に入れて携行して下さいました。)
 
 
その後もいろいろと書くこと沢山ですが、書ききれないので、ぐっと省略!
 
 
インストラクターお二方とのお話、CJスタッフさんともお話。
 
お弁当タイムでは、ついシングルバーナー談義に熱中・・
 
 
 
 
展望台では、面白いご一行様と遭遇。
 
集合写真撮ってあげたら、今度は撮ってあげましょうと~
 
何やらカメラ好きな方々。
 
いろいろと面白いやり取りに(笑)
 
印象的だったのは、インストラクターさんのカメラに「ほほう~リコーですな」のコメント。
 
私もピーンときました。
 
 
山での風景撮影の為に全てを凝縮したような伝説の名機、GRでした。
 
 
まぁ、ほんとう色々な事がありつつ下山終了。
 
 
天候の具合で早めの切り上げとなったので、小ニャン太が今回すっごく楽しみにしていた近くの洞窟へその後緊急出発。
 
私が、下山後話しすぎ、小ニャン太もトイレ(大)もよおすなど、時間が削れてしまいながらも諦めず向かいましたが、営業時間より最終で入れる時間は早かった・・・
 
ガビーン
 
ゲンナリしながら戻りつつ、「明日いけるよ!」と皆さんに慰められ~
 
 
そういえば、サイトに帰ったら、何やらドライバックが置いてありました。
 
?誰の?
 
もう本当雨ばかりでイベントもままならないので、濡れちゃったのこれに入れて下さいとのお心使いでございました。
 
ありがとうございます。m(_ _)m
 
天候不順でイベント進行に変更を余儀なくされ、を気にされておりました。
 
ですが、おかげさまで、我が家、雨など全くで満喫させて頂きましたので、全然OKでした。
 
雨は、降れど、何かとても暖かい感じでした。
 
 
夜には、サプライズパーティーがCJさんより行われ、夜飯をご用意頂きました。
 
ステーキ肉バンバン。
 
つい、上手そうな炭火の方ばかり食べていましたが(美味かったです。)、ロードトリップで焼かれてた方も柔らかくて美味しかったです。
 
 
ここでもいろいろあるんですが、一番熱かったのは、リュック開発担当者さんとの語らいでしたでしょうか。
 
当然リュックだけでなく山談義もですが~
 
 
何だかんだで、非日常な濃厚な1日でした。
 
 
天候は日中豪雨などありましたが、私は笑って楽しんでおりました。
 
何事も経験、実験。
 
そんな体験がアウトドア。
 
 
投稿日時:2014/09/08 21:28:58 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(2)  トラックバック(0)

Coleman ENJYOY OUTDOOR FIELD ~波乱の幕開け編~

 
さて、楽しい楽しいイベントで、思い出深い体験をしてきたのですが、いろいろ書きたい事が思い浮かび、中々そのままに・・・
 
ColemanHPでイベントリポートが先にUPされるという、ブロガーにあるまじき失態も連続であります。
 
 
前回の三上山でのトレッキング&外ご飯で、トレッキング(登山)にいよいよのめり込み始め、興奮状態の中、「Coleman ENJYOY OUTDOOR FIELD」に参加させて頂きました。
 
 
COCは、距離もありましたが、年に1度の新幹線工場見学イベントと重なり、家族と昨年から約束していたのもあり断念。
 
しかしながら、その前週に絶好のイベント発見!
 
 
めっちゃめちゃ楽しみにしていました。
 
兎に角、山を歩きたい!
 
誰かとあえるかな?etc
 
 
1日目は、設営だけしてのんびりと思っていたのもあり、ゆっくり向かっていたのですが、道中は大変な事になりました。
 
 
道中(高速)では、超絶雷雨の波状攻撃を受けました。
 
 
あんなのは初めてでした。
 
猛烈な雷雨。
 
時折、高速は川のように水が溜まり、水ブレーキに急減速や、反対車線からの豪快な水しぶき。
 
いつまでも渋滞~
 
しかしながら、全く引き返そうなどとは思いもしませんでしたが、どんどん到着予定が延びるので、ちゃんと行きます連絡を入れつつ向かいました。
 
 
到着してホッ
 
雨もパラパラでしたが、設営タイムだけやんでました。
 
 
イベントも初日分は終了しており、手の空いたCJのお方が設営に救世主にきて頂き、なんと雨がやんでいる間に設営できました。
 
いつもの如く、ニャン子と息子は到着早々からトイレと言ったきり中々帰ってこず、尚助かりました。
 
 
あまりの大荒れ天候に断念しキャンセルもあったとか・・
 
 
 
とりあえず、豪雨も覚悟でスクリーンタープ(トンネル)とST270のセットで拠点としましたが、今回は何かとまとまった感があり、いい感じで過ごせました。
 
 
 
今回も、いつもの如く、新アイテム投入ですが、カップボードの引っ張りあげてロックするだけのスピードと使い勝手は抜群でした。
 
テーブルを2つとサイドテーブル1つ使って、自分を囲ってみましたが、これも作業しやすく、夜もマッタリ抜群でした。
 
壁面にはずっと眠ってたなっていうのかな?テープ?つかって、何気にいろいろぶら下げたりしてみましたが、雰囲気だけでなく、いろいろ干したり何かと活躍でした。
 
最近お気に入りのfoxfireのキャップですが、今回も大活躍。ただし、ちょっとサイズ小さかったか・・
 
先日、違うの追加しちゃいました。
 
このメーカーの帽子は素敵です。
 
デザインだけでなく機能的。
 
 
夕食も食べ始めようと、いい気分をひっくりかえす事件発生。
 
 
 
巨大クモがタープ内を走ってます~~
 
「うわっ!」
 
「うぉ!」
 
「ギャァ!」
 
何分早い!
 
大きい上になんて早いヤツなんだ!
 
時には私のシェラカップのそこに張り付いたり・・
 
ちょうど底の面積にすっぽりくらいでした。
 
結局追いつかれて、まぁ知らん~
 
と食事開始。
 
 
「うぉわっ!」
 
食事中突然テーブル上、私のまん前にシャッ!と現れました。
 
こいつにはまんまとやられましたが、あまりのでかさと速さにちょっと関心したのも事実。
 
でもキライ。
 
 
 
ここはトイレ。
 
PICA富士西湖~のキャンプ場は、なかなか素敵な雰囲気でした。
 
まさかこの建物がトイレ&炊事場とは思わず、ウロウロ探していました。
 
 
いい雰囲気ですが、夜は若者達が「うぉ~!」な感じなので、音は覚悟いりますね。
 
そんなことかまわず眠たくなれば寝る私ではあります。
 
夜は何気に散歩したり、ムヒヒッって言いながらトレッキング用に持っていくものテーブルに広げて整理しながら詰めたりしながら楽しんだりしてました。
 
そんなこんなで、写真も張りきれないので、2日目は次回に続く・・・
 
 
そういえば、COCオータム申し込み始まりましたね。
 
今年も宜しくお願いします。
 
あまりウロチョロしなしで少しは自分のサイトに居るようにしますので、どうぞお気軽にかまって下さい。
 
「コンニチワ~」って話しかけると「コンニチワ~」もしくは、何か挨拶すると思います。(笑)
 
 
 
投稿日時:2014/09/03 03:39:26 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:イベント  コメント(10)  トラックバック(0)