プロフィール

お名前:ニャン太郎
性別:男性
出身地:愛知県

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ
僕とおかんとアウトドア
★numasan★
一平とゆかいな仲間たち
ファミからグルキャンまで・・・
Colemanがある風景
れっつ!, Go, Camping

コールマン コクーンとわくわくファミリーキャンプ!!
気ままに、週末アウトドア!
キャンプ♪♪ 週末雨だよ~まじっすか!!
管理人の部屋
1号と2号とキャンプのブログ
虎次郎のまったり♪ゆったり♪アウトドア日記
max家の楽しいCAMP
はんぺん!の独り言ぶろぐ!
Camp life of takamax
アーリーのエンジョイキャンプ!
*。*。3姉妹とキャンプ*。*。~ACC~
外遊び  やったるぜ!!
145の親父日誌 in Coleman Cafe’
ねこじゃらし
クレイジーにキャンプ行くベー!
へたれキャンプッ
家族でアウトドア ~キャンプ大好き♪ ~
金属加工屋の独り言
IG-Gang
松戸・・・・命 実行半
TAKEPAPAの徒然日記
キャンプ大好き
ゆるゆるが好き
Let's go to the camp !
Canola&Sun Smile Camp
でぇ~くOhnumanの魔王なる日々
.
★ ★ ★ ★焚き火大好き ★ ★ ★ ★
木の家に気ままに暮らす
TOKI OUTLET SHOP
フロンティア スピリッツ
Coleman Maniax by 202P
.
懐かしの森へ
★ SAMの”おサム~い”cafeテラス ★
ツキノワグマのsachet 
ISAOの気分屋的アウトドアの部屋
りゅう爺のどんとこい野外活動日記
スノーボーダーのキャンプ
ひげおやじ☆こだわり部屋
~CAMPING TIME~ 楽しいキャンプ時間

<<  2014年12月  >>

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カウンタ
今日 : 2
昨日 : 312
合計 : 6,321,445



愛読書






いや〜雪降りました〜

週末に、コテージでXmasパーティ予定ですが、行けるかな・・

さて、最近の愛読書はコレです。

どんなグラビアアイドルが飾る雑誌の表紙よりも、ムフーッって興奮ムラムラです。

もちろんグラビアアイドルは大好きなはずですが、どうしても興味は山へ〜

この雪化粧な山肌がたまらんの〜ぅ

この稜線がいいの〜ぅ

今年は、登山アイテムで相当逝ってしまいましたが、来年も怖いです〜

この登ってる写真(先月号)カッコいいなぁ〜

いつかこんな山へ・・・


投稿日時:2014/12/18 08:34:12 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(8)  トラックバック(0)

宝剣岳 標高2931m 2014.8

夏のことになりますが、中央アルプスの宝剣岳に登頂してきました。


安曇野へ家族旅行の道中、駒ヶ根SAで休憩中、登山に興奮中の私は、彼方に見えるアルプスの山々が、晴天の中で一層素晴らしく見え、たまらなく行きたい気持ちを掻き立てられました。






そして、家族に話し、時間も計算し、皆で行こう!ということになり、急遽予定を変更し、皆で木曽駒へ寄ることになりました。


この日は、休みを取っていて平日だったので、バスもロープウェイもうわさの行列でもなく、比較的短い待ちでのれました。


ロープウェイで上がって行き、森林限界高度になると、一気にアルプス独特の景色が広が大興奮!






興奮もつかの間、私は早々に準備を行い、家族に送り出され、「ちょっと行ってきます!」と尾根に上り始めました。





いや~たまりません。

ウキウキです。

でも、飛ばしすぎるとバテるので、そこそこのペースで上がっていきました。





振り返るとスタート地点は随分遠い景色へ~




途中での岩肌。

いいですね~笑顔が止まりません。


ココまで、ちょっとウキウキだったせいか、結構な数の方々と喋っていましたが、この場所で、写真を撮って差し上げた方が、私を今度写真撮ってくれました。

立ち位置や姿勢の指示を頂きながら、数枚撮影してくれたのですが、後で見たらとても上手で思い出になる良い写真でした。










念願の尾根。乗越浄土へ到着。


さぁ~て、尾根までのつもりが、少し散歩して、ちょっと山頂までと欲がでてしまいました。

ここからいくつかの山頂へ向かうことができるのですが、時間の関係で何となくすぐ行けそうだった宝剣岳へ向かいました。






この写真では、トコトコ歩いて行けば到着しそうに見えるのですが、そうは行きません。






ん?  なにやら少し物々しい看板が・・・










近づくほどに、結構な岩場や岸壁もあり、あっ、ここで滑ったら終わりですな・・と特に思う場所は2箇所程ありました。


ロープウェイの駅から1時間ほどでこのような場所に来れるなんて最高で、嬉しくて仕方ありませんでした。


クサリ場も数箇所。

3点支持、岩場に張り付かない姿勢などの基本は知っておいた方が良い場所に思います。

過去の滑落事故では、数百メートル落下の事例もあるようです。

序盤で足がすくむ場合は、やめておいた方が無難です。

下りはもっと怖くなり2箇所程どうしていいかわからなくなるかもです。

などと書きましたが、鎖もあるし、超難関というわけでもないので、落ち着いて行けば行けると思います。

私の場合、子供連れて行くにはちょっと怖いかな・・・って感じ。

















無事山頂に登頂。

頂上は人1人分位の場所でした。

頂上の切り立った岩に立つ人も居るようですが、勿論危険を伴うチャレンジで、降りる時苦戦もするので、やるならそれなりの覚悟で、空いている時にするべきでしょう〜
私は単独でしたし、登頂で満足なのでやめておきました^ - ^

何とも居心地の良い頂上でした。

天気は絶好でしたが、午後1時を過ぎてガスが多く、目視では景観楽しんだものの、写真がイマイチでした。

家族が駅で待ってるので、急ぐ気持ちもあり、頂上付近には誰も居なかったのですが早々に下り始めました。







真ん中のが宝剣岳

大満足にて下山。









ニャン子達の要望で、後で行こうね~と言っていた、バスセンター近くのソースカツ丼で有名との明治亭へ。

○○で有名・・なんて店は大抵店側がスレちゃって接客も横柄な事が多く、食べ物も評判倒れ・・なんて事を考えてしまい、足が向かない私なのですが、私も登頂待ってて貰ったので、希望通り行ってきました。

また食べに行こう~と思いました。(笑)

他にも、下山後と思わしきグループさんが居ましたが、こりゃ木曽駒で3ピーク登って、ここでこれ食べたら最高ですな。


ただ、辛口かもしれませんが、価格と対応△ですかね・・・人気店のそれです。


店先で、中央アルプスの水が汲めるのですが、冷たく美味しかったです。

所詮水なので、あまり○○の水などと言われても、ウマイ!なんて思うことは少ないのですが、これは何故か美味しく感じました。


ここから縦走スタート地点のメッカ、安曇野の宿へ向かい、翌日も安曇野公園で楽しんだりでしたが、これ以上書くのもしんどいので「楽しかったです!いい公園でした!熊もでます!」と手短な説明で~


そして、そば食べに行きました。

有名店は却下し、マニアックなとこ探して、いざ出陣!






何か強烈な名前の道の駅の一角にあるそば屋でしたが、居心地は良かったです~


とにもかくにも、良い旅でした!

投稿日時:2014/12/02 23:54:32 投稿者:【ニャン太郎】
カテゴリ:アウトドアレポート  コメント(12)  トラックバック(0)