プロフィール

お名前:toto
出身地:静岡県
自己紹介:
やんちゃな1号と2号を連れたtoto家のドタバタキャンプ。
視点は防災対策。
今ではすっかりキャンプの魅力にとりつかれてしまいました。
コクーンを持ってキャンプに行きます!

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2012年8月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カウンタ
今日 : 39
昨日 : 28
合計 : 161,964



MUKAストーブで炊飯

こんばんは。
 
SOTOのMUKAストーブを2週間無料レンタルキャンペーンというのがあって、利用してみました。
 
とはいえ、フィールドで使う前の予行練習なので
ろくなレポではないんですが。(汗)
 
MUKAの苦手と言われる弱火の炊飯を試してみました。
 
 
出来る限りの弱火で・・・。
 
 
反射した状態で見ると火の大きさは弱火なんですが、
勢いがあるから弱火というより中火に近いみたい。
 
 
つまみで言うと、こんな感じの弱火なんですが・・・。
確かにこれで炊飯ってちときついかな。
 
どっかに五徳の変わりになるもんないかな・・・。(汗)
 
 
通常、私は中火で沸騰まで持って行き、
沸騰したら超弱火(IHの一番の弱)で10分セット。
タイマーが切れたら、逆さまにしてさらに10分蒸らします。


ですが、火がなかなか思うように弱くならなかったので、
上のダイヤルの弱火(多分中火に近い)で沸騰まで持って行き、
沸騰してから、時々鍋を持ち上げたりしながら、
Airと書いてある(火を消す為のつまみ。圧が抜ける)ギリギリにしたり、戻したり。

で、いつもなら10分の所を7分で押さえ、
鍋を逆さまにして10分。

ご飯を見たら、う~ん、なんか水っぽい・・・。
なのでかき混ぜて、さらに5分蒸らした。
 
炊けたご飯をチェック。

おこげが出来る寸前だったみたいです。
私が食べたところは普通に固めに炊いたご飯で美味しく食べれました。
3号が食べたところがおこげの寸前の場所だったらしく、固いって言ってました。


これを6分と蒸らしの時間を長くするか、


新たに五徳を用意して、火から位置を離せばMUKAストーブでもご飯を美味しく炊けますね。


そこまでこだわらなければ、↑こんな炊き方で大丈夫だと思います。


ちなみに、先に取り説を読みましたが・・・。


読んでもチンプンカンプンでした。(爆)



なので、とりあえず、図を見て、真似て、やってみた。


出来ました。(汗)



その感想。



ポンピング楽だなぁ~。


当たり前か。



あともう一つの感想。


ガソリンをどぼどぼこぼして容器に移したんですが・・・。



入れ終わってから気付いたよ。



ろうとが付いてんじゃん・・・orz


これについては、改めてフィールドでレポをやり直そうかと・・・。


使った後に、取り説を読んだらだいぶ意味が分かりました。(爆)


今週末に復帰戦。


試してきます~♪

 
投稿日時:2012/08/16 00:15:22 投稿者:【toto】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(3)  トラックバック(0)