プロフィール

お名前:みっきー王
性別:男性
自己紹介:
埼玉県在住

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

お気に入りブログ

<<  2017年2月  >>



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

カウンタ
今日 : 7
昨日 : 136
合計 : 5,679,653



我が家のキャンプ道具整理箱!!一級建築士の自作木箱!我が家のキャンプ道具倉庫④


色々と奮闘をしながらも…我が家の
キャンプ道具倉庫 兼 バイクガレージが かたちと
なりました。




キャンプ道具倉庫 兼 バイクガレージ 奮闘記は、
下記をご覧下さいませ。




我が家のキャンプ道具倉庫!(兼バイクガレージ)
自作で建てる①選定~計画!!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してご覧下さい。ここから始まりです。)



我が家のキャンプ道具倉庫!(兼バイクガレージ)
自作で建てる②基礎~完成!!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してご覧下さい。基礎からの自作工事です)



我が家のキャンプ道具倉庫!(兼バイクガレージ)
を自作③カスタマイズ・ステンシル?!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押して続きのカスタマイズをご覧下さい。)






さて…

我が家のキャンプ道具倉庫(兼バイクガレージ)
ですが…今はまだ雑に ガサッ と棚に道具を
積み上げたのみです。

整理しないと…見栄えもそうだけど、
ガレージの可動式の棚とキャンプ道具をより
効率的に収納しなくては…

と、思いながらも…約半年…ここは奮起して
整理をしようかと思いました~


そこで!!


一級建築士の みっきー王 の

『自作シリーズ第3弾!自作 木箱づくり !!』

です。





(今までの自作シリーズは、下記をご参考に…)

【第1弾!】焚き火台テーブル自作詳細公開!
一級建築士の自作!!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押して焚き火台テーブル自作をご覧下さい。)



【第2弾!】我が家のキャンプ道具倉庫!!
(兼バイクガレージ)自作で建てる①~③
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押して自作倉庫/ガレージをご覧下さい。)






我が家のキャンプ道具倉庫(物置)は、倉庫棚に
雑にキャンプ道具を積んだだけです…





これでは…折角の Coleman(コールマン) の
フラッグシップモデルの MASTER SERIES



WETHER MASTER(ウェザーマスター)
コールマン2ルーム
(↑押して格安ナチュラム価格をご覧下さい。)

ワイド2ルーム コクーン が台無しですね(T0T)



ワイド2ルーム コクーン 初張り!!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押して我が家のコクーンをご覧下さい。)



COMFORT MASTER(コンフォートマスター)
コールマン テーブル チェア
(↑押して格安ナチュラム価格をご覧下さい。)

もこんな保管では残念すぎです(T0T)




我が家のダイニング コンフォートマスターセット
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してコンフォートマスターをご覧下さい。)




やっぱり、キャンプ道具は、愛着もって大切に
使うのは勿論、大切にしまっておかないと
ですね…



そして…我が家の このキャンプ道具倉庫とする
ガレージは、最低限の 収納スペースしか無く、
収納の方法を工夫しなくてはなりませぬ。


最大限にガレージの棚に効率良く収納するは、
やっぱり、『道具整理箱』が必要です!!

棚いっぱいに、キャンプ道具整理の為の箱を
並べる。そして、箱の大きさは、棚いっぱいの
奥行き と 幅 と 高さ とし、隙間無く(無駄無く)
箱を活用し、無駄無く 且つ 使いやすい箱であり
そこそこの軽さ が欲しい…


100均 でもいきゃあ、そんな箱あるかな…?!
(いや…ある訳ないでしょ!!)

ホームセンターにいきゃあ、そんな箱?!!
(いやいや、都合のいいのはないでしょ!!)


…そうですね…そんなものある訳は無い…


キャンプ道具も大きさがまちまち…
一番長いもので1mくらいかな?一番大きいのは
やっぱりコクーンだな…けど、ランタンは
ランタンでまとめた箱に入れたいし…
チェアは、チェアでまとめた箱にすっきり
させたいし…

何種類の箱の大きさとなるのでしょうか?!




それじゃあ、作るしかありません!!
自作です!!DIYで箱をつくります(*´∀`)ノ







~計画・材料調達!!~


先ずは何の材料で、どの大きさが必要となるか…
まぁ、木材しかありませんね…それが一番に材料
調達費用が安価だし、加工が楽!!
そして…ホームセンターにも沢山ある!!

そして、大きさについて。これは まちまち。
ランタンはランタンとかチェアはチェア…と
纏めて分類したいので~

ですので、それぞれを一度、棚から全ておろし
分類分け。おおよその棚収納位置を決めて、
ガレージの可動棚の高さを設定する。何気に
これが時間がかかりました。

なるべく箱内に効率良く無駄無く収納をしたいの
でね…

今回は…図面など書きません!!
行き当たりばったりです(*´∀`)ノ

そして、木材を何にするのか?まぁ、壁面一面の
収納箱となりますので、結構、材料は必要そう…

けど、図面書いて材料の拾い出しはしません!
(単にめんどくさかった(´ω`)…)

とりあえず材料を買ってみて、足りなきゃ足り
ない分を買い足していく!!
まさに、行き当たりばったり!!
(本当は、計画が一級建築士の本職なのに…)

材料は、あらかた決めておりました。



貫(ぬき)
材質 杉 90×15×3,640

胴縁(どうぶち)
材質 杉 45×15×3,640

写真の右が 貫 で、左が 胴縁 です。貫は
『ひとつわり』と言い、胴縁はその半分だから
『ふたつわり』『はんぬき』と言います。

材木屋さんでは、基本的には、束単位ですが、
ホームセンターならバラ売りで 貫は250円/本
胴縁は150円/本もみとけば買えるはずです。

現代木造建築では、このふたつは、もはや、
外壁下地としてしか材料として使いません。
あとは、建物の基礎の通りを出す時(やり方)に
仮設として使います。

材質の 杉 というところもあり、仕上げには、
まず使いません。そもそもが、そのような用途
なので、表面も荒く雑です。

また、杉という木は、とても成長が早い木です。
成長が早い木ということは 量産性が高いという
反面、目が詰まってなく『やわらかい木』
となります。

さらには、用途が用途なだけに寸法もまちまち
だったり、大きく反っていたり、節だらけ
だったり、色味も赤味があったり、白かったり…

木造建築の材料としては、一番 雑な 材料である。

なんでそんなの選んだの?はい。そこは、

①安いから(相変わらず何にも予算無し)です。
②軽い方の材料。(桐なら文句無し…高いけど…)
③胴縁と貫で高さや幅が調整しやすい。

ですかね。特に、厚みが同じなので、今回の
ように箱ごとに高さが違う。とかは、2つの
材料を組み合わせてうまくできそう…






~材料を決めた大きさに切断~


いよいよ『木箱づくり』です。
先ずは、材料を箱を組み立てる大きさに計算して
切断します。切断には、これを使います。


マキタ 18V Li-ionシリーズ
165㎜充電式卓上マルノコ LS600DRG





またまたマキタです。
以前ご紹介した、我が家のマキタのランタンは
下記をご参照…



我が家のLEDランタン!最強明るさLEDランタン!
新商品 コールマン スタイリッシュランタン!
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してマキタでキャンプブログご覧下さい)


我が家は、DIYの為にこのようなマルノコとかも
あります。これも、以前にご紹介した、我が家の
マキタLEDランタンの Li-ionバッテリー18V と
共通バッテリーとなります。
マキタは、だから便利です。オススメ(*´∀`)ノ


木箱の底となる部分は、貫4枚で隙間をつくり
作ります。隙間は、丁度、貫(胴縁)の厚みの15㎜
ですので、奥行きは、
(貫W寸法×4)+(隙間寸法15㎜×5)で丁度 棚奥行き
外~外寸法いっぱいとなりましたので、
それで決定!!

木箱の幅は、入れたい物の長さで決めます。
入れたい物の長さ+多少のクリアランスに
貫(胴縁)の厚み15㎜×2で外~外寸法を決定。

木箱の高さは 棚下段~棚上段下端の内法寸法に
隙間分のおおよそ -20㎜程度とし、貫と胴縁を
隙間15㎜で組み合わせて、高さを決定します。
高さが段により異なる(道具の高さが異なる)
ので、木箱により、貫と胴縁の組み合わせは、
異なります。貫が1枚であとは胴縁だったり…
貫が3枚で胴縁が1枚だったり…


さて、材料(貫・胴縁)を、いよいよ切断します。



もし、マルノコを使ったことがないけど、
これから買って使う。そんな方は慎重にマルノコ
を選んで下さいね。卓上で無いマルノコは、
多少の使い方を理解していないと、切断時に、
マルノコが飛んで来ることがあります(;´д`)

『跳ね返り』と言います。プロの大工もこれで
怪我をするくらいですから…

ノコギリは、使ったことは、誰しもあるかとは
思います。思い出してみて下さい。

材料を切っていたら、切っている途中で 材料が
重みで下がり、歯が締まってノコギリが動かし
難くなったことはございませんか?

これがノコギリだからそうなるのであって、
パワーのあるマルノコは、それでも無理に
回ります。そして、歯の回転方向である手前に
戻ってきます。凄い目にも見えぬスピードで…

本当にマルノコは、怖いものです。だから、
気を付けて下さい。このような卓上マルノコは
そのような心配はございません。

卓上マルノコは、仕上げ材用に使用します。
真っ直ぐ切断できるのは勿論のこと、歯に角度
をつけることが出来ます。45度の角度に切る
なんてことが簡単に出来ます。

なので、幅木や廻縁等の仕上げ材の加工に
使われます。『留め』と言って互いの材料を
互いに45度にカットして直角に突きつける。
なんてことが容易く出来ます。

反面…卓上マルノコは、切断材料の幅が限られ
ます。これは10cm幅程度以上は、歯が足りなく
一回で切断出来ません。
スライド卓上マルノコというものは、スライド
機能により、30cm程まで切れますけどね…


さて…一通り切断をします。
長さは、3種類のみです。

①必要有効内法幅
②決定した奥行き外寸
③決定した高さの外寸

これのみです。一通り、必要な数の切断を
します。






~箱を組み立てる(底と上端部)~


次に箱を組み立てる作業です。先ずは底部分と
最上部となる枠組みから。
使用材料は、上記の①と②です。


組み立てには、これを使います。ビスや釘は
使いません。

マキタLi-ionシリーズ 充電式ピンタッカST112DRF



(↑卓上マルノコの手前にあるものです。)
これも同じくマキタのLi-ionバッテリー18Vで、
バッテリー共通です。

ピンネイルという細い釘のようなものを打ち込み
します。建築現場でも、10年前ぐらいは、
フィニッシュネイルと言ってエアーを使った
ものでないとこのようなものはありません
でした。エアーを使うには大きなコンプレッサー
が必要でしてね…それが、コンセント電源でも
なく、バッテリー式で、本当にいいものが
出て来ましたね。

しかし、パワーは、エアーには敵いません。
けど、この程度の DIY ならパワーを十分に
発揮します。

基本的には、ピンネイルは、何本打っても
ビス程の強度には至りません。
だから、写真のスーパーボンドを使います…



(↑写真の中央の黄色いボンドです。)
いや…普通の木工用ボンドです。工作のものと
なんら変わりません…が、しかし…木工には、
これ程、強力な糊はございません。
本当に、木工用ボンドの木材接着力は凄い!!

ピンネイルは、数本打っても引っ張れば
抜けます。だから糊で固定しているのです。

ピンネイルで木箱のようなものを作るのは、
ビスで留めていくよりも全然早い!!
バスッ!!と一発です。さらにビスと違い
目立ちません。
だからいいんです!!


そして、組上がった箱のそこは、部分と
最上部です。材料は、先程の①と②組み合わせ。







~箱を組み立てる②竪桟~


続きまして竪桟(たてざん)を、先程組み立てた
底部分と最上部に4隅を連結させます。
竪桟は、先程の③材料です。



これも留めるのは、先程の糊とピンタッカのみ。
ピンタッカは、内側から打つと跡が見えなくなり
綺麗になります。

先程の底部や最上部の組み立ては、30㎜の長さの
ピンネイルです。今回は、25㎜のピンネイル。
今回の部分は、材料の厚みが15㎜+15㎜の部分に
ピンネイルとなりますので、30㎜では突抜け
ます。

また、25㎜でも、ピンネイルは、多少頭が潜る
ので(材質が柔らかい杉ということもあります)
十分に突き抜けます。ですので、多少斜めから
ピンタッカをバスッと 打ち込みます。

油断すると ピンネイルが指を突き抜けますので
打つ際は、十分に気をつけましょう。

側に手を置かない方がいいです。貫や胴縁の
ような柔らかい部材でも硬い部分と柔らかい
部分が材料にあります。ピンネイル自体も細い
ネイルです。

打ち込んだ際に、ピンネイルは、必ずしも
真っ直ぐ入らないです。柔らかい入りやすい
部分へと入りますので、真っ直ぐ打ったのに。
斜め横から突き出てくることがあります。
簡単に指を貫通しますので、注意…

というか…
やってしまい痛い思いをしました(T0T)

突き出たピンネイルは、ペンチで突き抜けた
部分より引っこ抜きましょう。一応、ピンネイル
にも、釘のように頭がありますが、ごく僅かの
頭の大きさです。杉材くらいなら反対から
引っこ抜いても簡単に抜けます。

糊は、はみ出ても気にしない。木工用ボンドは、
透明色になりますんでね…目立たなくなります。






~箱を組み立てる③正面・背面部分~


続きまして、箱正面と背面部分の組み立てです。
①の材料を先程組み立てた③の4本の竪桟に
留めます。


これも、先程と同じく、内側から竪桟に
糊とピンタッカで留めていきます。

この時は、①材料を③の竪桟に留めるとき
長さが、竪桟より-(15㎜×2)となっているはず
です。①材料を固定する前に①材料の両端に
胴縁の切れ端材の小口部分(厚み部分)を当てて
寸法が間違いないことを確認しながら①材料を
留めて行きます。

勿論、①材料同士の隙間にも、同様の胴縁の
切れ端を挟んで隙間寸法を確認しながら留めて
いきます。






~箱を組み立てる④箱両側面~


ここまでくれば、もう②材料に糊を付けて
同じく、ピンタッカでバスッといくだけ。



今回の材料の②材料が、①材料に載っかり
さらには、②材料の両端は、③材料な間に
ぴったり入るはずです(*´∀`)ノ









箱の強度は、十分です。横幅が大きいサイズと
なった場合は、底部分の中央あたりに内側から
補強の為に貫を当てて留めると底が安心です。




今回使った材料と工具はこんだけです。
(材料は、もう少し写真以上に必要です。)



この箱で、作成時間は、切断からで多く見ても
30分くらいでしょうかね。
以外にあっという間に完成します。




あとは、このように木箱を壁一面分を週末に
ちょこちょこつくるのみです。


…一体いつに完成するのか?!




箱を棚に納めるとこのような感じです。





遊びで100均シートで ステンシルをして
みました。書体があまりに可愛すぎ…
ん~再検討!!

材料の貫と胴縁も、木造建築で一番雑な材料と
表現しましたが…それが逆に味ですよね…

この箱の中には…



COMFORT MASTER(コンフォートマスター)
キャンバスデッキチェア
コールマン チェア
(↑押して格安ナチュラム価格をご覧下さい。)


4脚が、幅ピッタリの高さピッタリで収納
されています。

やっぱりピッタリは気持ちがよい!!
こんなピッタリの収納するものに合った
サイズの木箱なんて売られてないですからね。
これだから、自作はいい(*´∀`)ノ

もし、自作のキャンプ道具収納箱を検討されて
いる方…是非、頑張って下さいね。
応援しますよ(´ω`)






木箱というと、Naturumでは こんなものが
あります。


RIXEN KAUL(リクセンカウル)
KF838 ラドキステ 2
(↑押して商品・格安ナチュラム価格をご覧下さい。)


●独創的な組立家財で有名なドイツの
WERKHAUSとのコラボレーション商品。
キステはドイツ語で「箱」という意味で、
工具不要の組立て式サイクル用バスケットです。
防水加工済みの合板素材や、包装を極力
シンプルにし場所を取らない平らな
パッケージになっています。

●シリーズ:フロントバッグシリーズ
●寸法:32×23×21.5cm
●容量:10L
●耐荷重:3kg
●重量:950g



これ~かっけぇ~!!欲しいな~
リビングに置きたい…






木箱では ございませんがナチュラムの
木製ラックでこんな格安商品があります!!
これを先日、購入しました(*´∀`)ノかなり安!
ビックリ!!驚き価格です!!


不二貿易 マルチラック
(↑押して商品・格安ナチュラム価格をご覧下さい。)


●素材:杉材
●ラッカー塗装
●全体サイズ:幅63×奥行26.5×高さ29cm
●重量:0.82kg

これは、整理棚として購入しました。
今回のように安い材料を揃えて 自作で作っても
絶対に この価格では、作れません!!
この価格で、このラックは、絶対に
オススメです!!
組み立て式ですが、女性の方でも簡単ですよ♪






よし、


では、この調子で ガレージの壁面全面分の
自作木箱をこれからつくるぞ!!






続く…




次回、続きをご期待下さい!!








:*:・゚★,・:* : ☆ Let's Camp :* : ・゚★・:* :・゚☆

キャンプ道具インターネット販売最大手!!
ナチュラムでも同じブログをアップしており
ます。特にスマフォの場合は、断然、
ナチュラムの方が見やすいです。
写真も多く、さらに見やすくなってます!!

コールマン コクーンとわくわくファミリーキャンプ
~naturum blog by みっきー王~
http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してご覧下さいませ。)




:*:・゚★,・:*: ☆ Let's Racing :* :・゚★・:* :・゚☆

バイクにご興味のある方は~バイクブログも
アップしております。是非、ご覧下さいませ。

aprilia アプリリア RS4 125 愛車日記(・ω・)ノ
~naturum blog みっきー王~

http://mickeyoh.naturum.ne.jp/
(↑押してご覧下さいませ。)
投稿日時:2017/02/03 13:11:52 投稿者:【みっきー王】
カテゴリ:キャンプ道具  コメント(0) 
<<前の記事へ次の記事へ>>

コメント一覧

トラックバック一覧

名前:

Mail:

URL:

コメント:

下記画像に表示されている文字列を入力してください